​経歴

≪学生時代≫

■日本女子大学 人間社会学部文化学科卒業

✓就活時期にリーマンショック発生。超就職難を経験。

✓学生団体 i vote(若者の選挙投票率を上げることを目的とした組織)創立メンバーとして活動。

✓体育会所属(中学より通う地元空手道場と並行して、他大学の空手道部に参加)

≪22歳~25歳≫

■新卒で都内機械メーカー 営業職として就職

✓当時の恋人からのDV被害、実家との確執等により精神的な異変を感じ退職、治療に専念。

✓約1年半、「コンビニ・ニート」(ほぼひきこもり)生活を送りながら、家の中で『男はつらいよ』全48作を2巡観る。

≪26歳~28歳≫

■都内建材メーカー勤務

■結婚、出産からの離婚。

✓当時0歳児のシングルマザーとなる。

 

■子どもを育てるため、「手に職を」という想いで一念発起。

社会福祉士を目指し一発合格。

■離婚直後より元夫は、

私や実家への借金(盗金)未返済のまま消息不明。

■首都医校 社会福祉学科卒業

✓在学中、放課後デイサービスにてアルバイト

子どもの発達障害、自閉症への知識経験が深まる。

≪29歳~31歳≫

■都内総合病院にて医療ソーシャルワーカーとして勤務

労災系問題(セクハラ系)と闘う。

退職事由としてはどう考えても会社都合なのに、自己都合はおかしい。泣き寝入りはしたくない。という想いで、社労士とともに会社都合にて退職を目指し、成功。

しかしながら、事件による精神的なショックのためバランスを崩し、約一ヶ月半は身動きできずの日々を送る。

(子育て以外ほぼ寝たきりでした)

結果的には就労・労災・セクハラ・パワハラ関係の知識・経験が増したので結果オーライ。

介護・医療・在宅医療・地域医療福祉連携・ご家族のケア等の知識経験が増す。

 

■一度福祉職を離れ、衆議院会館にて事務職勤務。

✓仕事と子育てを両立するも、突如、若年性更年期障害を発症し、またしても動けなくなる。(退職後は数ヵ月間休業、現在治癒)

素晴らしい上司・同僚に恵まれ、女性の働き方についての考えが深まる良い経験となった。

■都内福祉系NPOにて勤務

✓主に児童福祉、生活困窮問題に携わる

児童虐待、発達心理、生活保護法等に対する知識・経験の深みが増す。

≪~現在≫

■婦人科系の疾患が見つかり、数ヵ月間治療に専念しながら、

子育て、健康、仕事の両立を目指した働き方を模索。

✓カウンセラーとして独立、現在に至る。

✓現在疾患は寛解

「生きる」こと自体の奇跡性を身をもって実感し、

病気を「得た」ことは、ギフトだったと思えるように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~private~

現在5歳・一児のシングルマザー。

(日に日にパワーアップしていく我が子の力に励まされつつ、時に腰痛に苦しむただの母ちゃんです。)

離婚後、そして資格取得後は個人的な相談を受ける機会が激増。

職場以外でも個人的な付き合いのある方に限って直接的な支援(退院支援、介護保険制度活用、障害年金申請から受給まで、DV被害への対応、児童虐待への対応等)を行っていた。

↓↓↓

それらの経験を生かし、

2018年6月よりInstagramで匿名にて投稿を始める

ダメ恋愛を多々経験し、友人に常に危惧され、支えられる。

やっと近頃、良縁を得るに至る。

そのため、自身の経験を反面教師とした恋愛アドバイスは得意。

過去の夫婦生活等から、離婚・借金・不倫問題に詳しくなる。

ひとり親の生活、子育て、制度活用は網羅。

祖父母の介護から看取りを経験し、都内のみならず地方における介護問題の知識が増す。

自身の経験に加え、あらゆる精神疾患でお悩みの方やご家族様からのご相談とご対応の経験から、症状への対処法、精神薬についての知識も豊富に。

~座右の銘・好きな言葉~

「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ。」

- チャーリー・チャップリン

「私はわがままでせっかちで少し不安定。ミスを犯すし、自分をコントロールできない時もある。でも、もしあなたが私の最悪な時にきちんと扱ってくれないのなら、私の最高の瞬間を一緒に過ごす資格は無いわ。」

- マリリン・モンロー

~趣味・その他~

・趣味:空手道、お絵描き、読書、寝ること

・好きな食べ物など:お好み焼き、たこ焼き、アメリカンコーヒー、ウイスキー

・好きな音楽:石川さゆり全般、山口百恵全般、かと思えばEDMや洋楽全般も大好き

生きるって、

大変だけど、面白い!

職場のメンタルヘルスマネジメント、

福祉関係、教育機関における「こどもの心の問題」等

講座・座談会・セミナーのお申込みも承っております。

テーマや所要時間等をお伝え下されば、

小学生からご高齢の方まで、わかりやすい講座の開催が可能です。

お申込み・お問合せはご予約・お問合せフォームより。

©Copyright2019 社会福祉士・「生きづらさ」カウンセラー/恋愛・夫婦関係カウンセラーKitano Nanae

All Rights Reserved.